このエントリーをはてなブックマークに追加

白内障とは

白内障は紫外線を長年受け続けることで、水晶体のたんぱく分子が大きくなり、水に溶ける性質を失うことで水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
早い人では40歳代から症状が出ることがあります。
60歳代では80%、70歳代では90%の白内障患者がいると言われ、加齢とともにほとんどの人に症状が現われてきます。
初期症状としては、目の前にいる人がかすんで見えたり、まぶしくて明るいところでものが見えにくかったりします。
ものが二重三重に見えることもあります。
また、薄曇りの日や薄暗い室内の方がよく見えるのが特徴です。
瞳のなかが白く見えるくらいに症状が進行すると、手の動きや光がようやくわかる程度にまで視力が低下するので、初期の段階で治療することが肝要です。
白内障の種類はいくつかありますが、もっとも多いのが前記の加齢白内障で、これは白髪が増える、肌にたるみやシミができるのと同じ加齢によって引き起こされる現象です。
このほか、頻度は少ないですが、糖尿病が原因の糖尿病白内障、ステロイド薬を長期に渡り使用したことが原因で起きるステロイド白内障、眼に傷を負ったことで起きる外傷性白内障、併発性白内障もあります。
また、生まれつきまたは生まれてまもなく発症する先天的なケースも見られます。
一般的な治療法には点眼薬が用いられますが、これはあくまでも白内障の進行を抑制するだけで、水晶体のにごりを治療するものではないことを知っておいてください。
手術治療は、濁った水晶体を摘出し、かわりにレンズを挿入するものです。
白内障の手術はこの20年で飛躍的な進歩を遂げ、現在年間80〜90万人が手術を受けていると言われています。
Copyright (C)2017こんな症状でてますか?自覚したら医者に行こう.All rights reserved.