このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症について

アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやダニが原因で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが穏やかな症状で長期間続き、季節を問わず一年を通じて起きます。
そのなかで季節性のあるものが花粉症です。
花粉症はいまや全国に2000万人の患者がいると言われています。
その患者数は毎年増え続け、20歳から30歳にかけて初めて発症する人が多いようです。
花粉症自体は、昭和30年代の終わりころに発見された比較的新しい鼻アレルギーです。
おもな症状としてはくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙目、のどのかゆみ、倦怠感、微熱などでまれに腹痛を起こすこともあります。
原因の8割はスギ花粉です。
抗原となる花粉が鼻から吸い込まれると、IgE抗体ができます。
これが鼻粘膜にある免疫細胞にくっつき、再度抗体が侵入したときに抗原抗体反応としてさまざまな症状が出るものです。
春はスギのほかにヒノキ、シラカバ、夏から秋にかけてはナガハグサ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉が原因となります。
花粉症対策としては、花粉情報に注意し、花粉の飛散が多いときは外出を控えます。
外出する時にはマスクやめがねを使用し、帰宅したらすぐに洗顔、うがい、鼻をかむなどして花粉が鼻や目に入らないようにします。
花粉の季節には抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬を定期的に内服するとよいでしょう。
また点鼻ステロイド療法も効果があります。
アレルゲン免疫療法は、現在唯一の根本的治療法として注目されています。
いずれにしても花粉症かなと思ったら、一度アレルギーの専門医に相談するとよいでしょう。
Copyright (C)2017こんな症状でてますか?自覚したら医者に行こう.All rights reserved.