このエントリーをはてなブックマークに追加

良性発作性頭位めまいとは

めまいといってもその症状はさまざまです。
風景や天井がぐるぐる回っているように感じる回転感を伴う回転性めまい、単純に頭がフラフラする動揺性めまい、目の前が真っ暗になり、体のバランスが維持できないのが立ちくらみです。
なかでも代表的なのが良性発作性頭位めまいで、最近なでしこジャパンの選手が診断された病気としてその名が広く知られるようになりました。
この病気は中年以上の女性に多く、頭の位置を変えた時に回転性のめまいが起きるのが特徴です。
例えば寝返りを打った時や車の運転中にバックミラーを見た時、しゃがんだ時や起床時に立ち上がろうとした時などに40〜50秒、長いときは数分間めまいが続きますが、メニエール病のように難聴や耳鳴りはまったくありません。
また、歩いているときに体がふわふわした感じがすることもあります。
おもな原因は内耳の障害で、内耳の耳石器にある耳石がはがれて三半規管に入るためとも言われています。
多くの場合、三週間以内に自然治癒しますが、耳石の位置を元に戻すリハビリテーションが行われることもあります。
再発防止には規則正しい生活を送り、適度な運動をすることが大切です。
めまいには脳の障害が原因で起きるものもあるので、注意が必要です。
メニエール病によるめまいは、発作を繰り返すたびに聴力障害を起こす場合もあり、めまいの症状が続くようなら一度専門医の診断を受けることをおすすめします。
また、若い女性のなかには、内科的にまったく異常がないのにめまいの症状を訴える人がいますが、これは不安感などが原因の心因性のめまいと考えられ、心療内科や精神的なアプローチが必要な場合もあります。
Copyright (C)2017こんな症状でてますか?自覚したら医者に行こう.All rights reserved.