このエントリーをはてなブックマークに追加

関節リウマチについて

関節リウマチの原因はよくわかっていませんが、膠原病の一つとして免疫異常が関係しています。
「免疫」とは、体のなかに外から異物が入ってきたときに、異物を攻撃して、体を守る作用です。
免疫異常の病気では、この作用が正常に働かずに自分自身の体の一部を攻撃してしまいます。
免疫の役割を果たすのはリンパ球ですが、リウマチでは自分自身を攻撃するリンパ球が病気を引き起こします。
関節リウマチは30〜50代の女性に多く見られる病気で、その発症率は男性の3〜4倍にもなります。
朝起きた時に手足の指の関節がこわばり、動かしにくくなることから始まることが多いようです。
次には手首、ひじ、ひざ、足など、全身の関節に左右対称に痛みや腫れが広がっていきます。
関節以外の症状では、全身倦怠感、微熱、食欲不振、体重減少のほか、リウマトイド(結節)と呼ばれる小さなしこりが皮下にできることもあります。
進行すると、関節の骨や軟骨が破壊され、関節の変形を招きます。
関節の破壊は発症から2年以内に最も進行するので早期診断、早期治療が重要です。
関節の病気はたくさんあり、関節リウマチの診断は慎重に行われていますが、早期診断、早期治療の観点から、現在はアメリカ・リウマチ学会の診断基準が使われています。
それは以下の7つの症状のうち、4つが該当すれば関節リウマチというものです。
ぜひ参考にしてください。
1、朝のこわばりが1時間以上続く2、3つ以上の関節に炎症によるはれがある3、手首や手指の付け根の関節、手指の第二関節に炎症によるはれがある4、左右対称の関節に炎症によるはれがある5、X線検査で手や手指の関節に骨の委縮が見られる6、皮下結節(リウマトイド結節)が見られる7、血液検査でリウマトイド因子が陽性

人気の症状について、このサイトが手軽で便利です

Copyright (C)2017こんな症状でてますか?自覚したら医者に行こう.All rights reserved.